Watch Dogs(ウォッチドッグス) 攻略[GAMING]

概要

コンピューター社会が発展してIT都市となった近未来のアメリカ・シカゴを舞台に、凄腕のハッカーである主人公エイデン・ピアースとなって街のITインフラを遠隔操作したりしながら強大な悪の組織への復讐を挑む、オープンワールド型アクションアドベンチャーゲーム。 エイデンは都市のインフラ機能や市民の個人情報を制御するシステム「ctOS」をハッキングすることで、それらの都市機能を遠隔操作して敵を妨害したりすることができるのが本作の特徴。 その独特のシステムのみならず、舞台であるシカゴの描写も非常に優れており、ただ探索するだけでも実際のシカゴへ行ったかのようなほどのリアルさで再現されています。

(対応機種:PS4/Wii U/XBOX ONE/PS3/XBOX 360/PC)

メニュー

◆ リンク

◆ チャート

◆ データ

システム

  • ハッキング

    このゲームを進めていくうえで最も重要となるシステムで、エイデンの持つスマートフォンを使って行う。 プロファイラーというアプリは周辺にいる市民の情報を入手し、ミッションのターゲットである特定の人物を見つけたりすることができる。 また市民の持つ携帯電話をハッキングすると電話の会話の内容を盗聴することができ、それによってこれから犯罪を起こしそうな人物を特定したり、市内で流れているBGMをダウンロードしたり、電話の使用者のお金を盗んだりすることができる(盗んだお金はATMから引き出すことで使用可能になる)。

    施設内に設置されている監視カメラをハッキングすると画面がそのカメラ視点になり、そのカメラから他のカメラに切り替えていったり、カメラ画面に映っている端末などを遠隔ハッキングすることができる。 これはミッションを進行するうえで頻繁に行うことになる作業で、カメラは施設に設置されているもの以外にも、ノートPCに付属しているカメラや、警備員が持っているカメラをハッキングすることもできる。

    もう1つの大きな用途としては、敵を誘導したり妨害したりするために使用する。 例えば現場に置かれているフォークリフトをハッキングして動かすと警備員がそのフォークリフトを調べに向かうので、その隙をついて見つかることなくステルス行動することができるようになる。 他には爆発を起こして敵にダメージを与えたり、車で逃走する際に信号や橋、車止めなどを操作して追跡を妨害したりするのにも頻繁に使用することになるだろう。 またリフトに乗って動かして上のエリアへ上がるために使うなど、移動手段としても使う場面がある。

  • 評判システム

    プレイヤーがとった行動によって評判が良くなったり悪くなったりすることがある。 例えば犯人を捕まえる局面で、捕まえるだけでなく倒してしまった場合には評判が悪くなる。 端的にいえば、リアルで犯罪である行為を行えば評判は悪くなり、善行を行えば評判は良くなる。 ただしハッキングで他人のお金を盗んでもそれがエイデンの犯行と特定されないため評判は悪くならない。 また評判システムは世間のエイデンに対する反応に影響を及ぼすのみで、ミッションなどプレイ内容には影響しない。